【このレポを読んで後追いしたユーザーの感想】(2020/07/06)

■ハンドルネーム 
エロエロチキン野郎 様(

■キャストの推定年齢
22才

■写真修正度
別人----★そのまま
(5/5点)

■似ている芸能人
(全体が)前田敦子 (目が)橋本愛

■スタイル
細----太

■バストの大きさ
まな板----爆乳

■またリピートしたい?
同じ嬢を指名したい●
同じ店の違う嬢と遊んでみたい
フリーもありかなと思った
二度と利用しない
その他:

【ルックス(顔)】A
【スタイル(身体)】A
【サービス(ホスピタリティ)】S
【テクニック(プレイ)】S
【総評】A
※S~G。あくまでも主観による、コストに対しての評価となります。
S…プレミアム級の最高レベル
A…最高レベル
B…良
C…普通
D…やや劣る、良くはない
E…悪い 
F…最悪レベル 
G…最低最悪の地雷レベル


■体験レポート

≪開始までの流れ≫

はじめまして、こんにちは!
今回は管理人さんの記事を読んでの後追い記事です。

実は、吉原の高級店には一度でいいから行ってみたいと考えおりました。

しかしながら、金銭的な理由で格安店、大衆店にばかり行っておりました。

高級店となると、その高額な金額から「絶対に失敗してはいけない…」というプレッシャーがすごく、クチコミを読んでは行こうと覚悟して結局途中でやめて格安店や大衆店に逃げるの連続でありました。

そんな中、「過去最上級のホスピタリティ」と表現されたレポを読み、とうとう高級店に行くことを決断した次第であります。

「過去最上級のホスピタリティ」を受けられるなら、もはや高級店の最上級を体験したことになりませぬか?!

とはいえ、誰かの後追いでしか行けない私はチキン野郎です…。
吉原高級店初心者ゆえに許してください。

高級店はやはり雰囲気からして違いました。

圧倒的な高級感が外までダダ漏れで、私が玄関を入るまでの決心がつくまで、遠巻きにお店を数分間眺めておりました。

いざ玄関をくぐると、さっそくお店の方に「ご予約のお客様ですか?検温と消毒をお願いします。」と丁寧な口調で言われました。
さすが高級店です。コロナ対策を徹底しているようです。

待合室に通されると、これまた高級感溢れる銀色のタンブラーに入ったお茶が出されました。

多分、私はお茶を飲む手が震えていたと思います。でも、緊張しているのを他の人に悟られたくなく、正面のでかいテレビをひたすら見ておりました。

ただし、放送中の番組は一切頭に入ってきませんでした。

ほどなくして名前を呼ばれて「はい!」と若干大きめの声で返事をしてしまったため、「こいつ、すげぇ緊張しているな」とお店の人にも数人の客にも思われたことでしょう。
そのまま階段へ案内されました。


≪女の子との対面≫

「こんにちは!暑かったでしょう?」と、とびきりの笑顔で彼女は出迎えてくれました。確かに目力が強いです。

会った瞬間にキラキラ輝く瞳に引き込まれるほどの感覚を覚えました。

「こ、こんにちは…」と私の声は小さく若干震えていたかもしれません…。情けない。

手を差し出してきて手つなぎで階段を上がっていきます。

階段は二人並んで歩けるほどの広さではないので、必然的に私は彼女の後ろを歩くようになります。

薄着のドレスから除くムチムチだけど白い美脚に目線を奪われます。

「階段、気を付けてくださいね」と彼女は私に振り返りながら言ってくれますけど、多分その時私は脚を見て「はい」って返事したと思います。
失礼な野郎です。


≪プレイ内容について≫

部屋に入りましたら、大衆店や格安店とは比べ物にならないくらいの規模と豪華さの部屋が!
もうこんな部屋に来れただけでも、高級店に来たかいがあるってもんです。

しばし、部屋全体に見とれていると、「うふふ、珍しい?ここは初めてですか?緊張してます?」と彼女が優しい声で聞いてくれます。

「うん、初めてです」と私が言うと、「じゃあ、ここに座って」とベッドに腰かけるように指示され、彼女は床にひざをついて私の衣服を丁寧に脱がし始めます。

で、脱いだ衣服を丁寧にたたんでかごに入れてくれます。ほんと私は王様です。

「じゃあ、今度は私の脱がして」と彼女は背中を私に向けます。

(はいはい♪)とわくわくしながら、彼女のドレスのチャックを下ろして、ブラのホックを外します。

すると、きれいでほどよい大きさの胸が露わになります。
お体も男に理想と言えるムチムチ感がたっぷり。

そしたら、彼女は私の顔に自分の顔を寄せてきて、小悪魔的な笑みを浮かべて、静かにキスを、すぐにDKをベロベロと…。

私は「あ~あ~あ~」と骨抜きにされて、ベッドに沈み込みます。
(もうプレイが始まるのか、すばらしい…)

多分、彼女は私がガチガチに緊張していたのが分かったのでしょう。
最初のトークで緊張をほぐすより、早めに肌を重ねた方が緊張が早く解けて親密感が増す、と思ったのでしょう。

(考えすぎでしょうか?高級店ってこんなに展開が早いのが普通なのかな?)

「あれ?もうキスだけでビンビンだよ?」

正直、顔から火が出るくらいに恥ずかしかったです。

年がこんなにも離れている若い子のキスだけでこんなにもビンビンになるなんて…。

そこはトークでいじらないで欲しい。いや、物理的にいじってほしい…。

いじるな、いじっての葛藤。
いやいや、彼女に身を委ねます。

彼女はキスからの耳舐めに移行します。

私が彼女の乳首攻めで相当よがっていたのでしょう。

唾液がダラダラこぼれ落ちるくらいに、彼女は私の乳首をペロペロ舐めては、時に噛んだりして、結構長い時間攻めてくれました。

乳首舐めから、乳首の指いじりになり、そのままフェラへと移行します。

彼女のフェラはしっかり男の顔を見ながらやってくれる「上目づかいフェラ」です。

しかもあの目力ある目ですから、私はしっかりと自分の頭を上げてフェラをガン見です。

なんとまぁ、私の乳首を指で刺激しながらのフェラで、3点攻めフェラです。もうダメです。イキそうです。

「すごーい!さっきよりビンビンでピクピクしてるぅ」

と彼女が言った矢先に、口からかなりの量の唾液を出して、すばらしいローリング手コキが始まりました。

これ、手コキだけでも十分お金が取れるレベルです。

絶妙な力と絶妙なひねりを加えて手コキは、フェラでは得ることのできない別次元の快感を私に与えてくれます。

その後にまさかのチンぐり返しです。

私はとてつもなく恥ずかしい恰好です。

そこでAナルをベロベロベロ~と。

あぁ、レポートに書いてたのは、まさにこれだなと…。

恥ずかしさと快感で「頭が真っ白」です。舐められ女将です。
(古いネタですいません。)

「こんなにビンビンで固いの、挿〇〇いい?」

と早くも騎〇位です。

「ねぇ、見て。すごい〇ってるよぉ」と彼女は結合部分を見せつけてくれます。

彼女は、こういういやらしい見せ方というか、アダルト動画並みのエロい場面を見せつけてくれます。

サービス精神旺盛というか…。

上目遣いフェラもすごかったし…。

そのエロい見せ方に合わせて、男が興奮するようなワードが詰まったセリフ選び。自分の見せ方を分かっている嬢です。

騎〇位で腰の動きが激しく上下左右に揺れます。

いや…もうSナシは持たないんだ…。我慢できないんだ…。

「どんどん固くなってる…」

そりゃあそうだ…。

そんなに動いたら固くなるさ…。

「待って待って!最後正〇位させて!」と私は彼女にお願い。

彼女の正〇位はベロベロキスで、密着感というか濃厚感がすごい!

最後、正〇位でDKをしながら私は尽き果てました。

「すごいドクドクしてるぅ」

とまたいやらしいセリフを…。

私はもうベッドで死んでるくらいにうつ伏せ状態。

「気持ちよかったね!なんか飲む?」と笑顔で微笑みかけてくれます。彼女は天使です。

しばし彼女とのトークを楽しんでおりましたら、話題が「彼女が雄琴にMットの研修に行った話」になりました。

そこでいろいろと技を覚えたらしく、彼女から「Mット好き?もし好きだったら私もMットでいろいろ試したいことがあるから、ちょっと長めにやっていい?」と言われたので、「もちろん!」と私は元気よく回答しました。

彼女はその研修以降、Mットやりたいモードに入ってるらしく、かなりやる気に満ちている様子でした。

ソープでもMットをするのを嫌う子が少なくない中、自分からMットをやりたいと言ってくるその姿勢に非常に好感を持てました。

Mットの前に洗体です。

確かにほどよい脂肪が付いたムチムチの体での洗体は非常に気持ちいいです。

しかも、しっかりと私の顔を見て洗体をしてくれます。

プレイ以外でも気を抜かないプロフェッショナルぶりに舌を巻く思いです。

洗体後一緒に入浴します。

私は、ここでも左右チ〇ビの3点攻めフェラでビンビンにされてしまいます。

「じゃあ、このままゆっくりしててね。私、Mットの準備してくるから」と彼女は先にお風呂から上がります。

彼女は慣れた手つきでMットの準備をこなして、いよいよMットの開始です!

確かに彼女の体はムチムチ加減がすばらしい!

体の脂肪が男の体型に合わせてムニムニと隙間に入り込んでくるのです。

そして、一級品のテクニックが次から次へと飛び出します。

素晴らしい角度から入り込んでくる美脚は、私のタマ〇マのほとりをかすめて絶妙な快感を与えてくれます。

私の体の側面を刺激する時も、私のチ〇ビをかすめて素晴らしい快感を残しながら滑り続けます。

そしてしゃぶりまくる足舐め。

足の指一本一本を大事にしながらしゃぶってくれます。

彼女のバキュームフ〇ラは圧巻です。

ロー〇ョンのヌルヌルと彼女の口のジュボジュボという動きがマッチして、ベッドでは得られなかった別次元の快感を与えてくれます。

ロー〇ョンバキュームフ〇ラ→ローリング手コキ→ロー〇ョンバキュームフ〇ラ→ローリング手コキの繰り返しです。

その間、私は何度もイキそうになりましたが、いいタイミングで彼女が手コキやフ〇ラを止めてくれるので、どんどんと私の快感と射精感は溜まっていきました。

ここまで射精を延ばされたら、後は爆発するのみ。

私の息子はすでに火が付いた導火線が残り短く爆発寸前です。

でも、彼女はこれで満足することなく、まだまだ私を苛めぬくのです。

「さっきよりビンビンじゃない?もう挿〇〇よぉ」と騎〇位です。

初めはゆっくり腰をクネクネと動かしていた彼女ですが、徐々に運動のスピードが上がっていきます。

「どう?ヤバい?イキそう?」
「ヤバい、ヤバい!イキそう!」

と言うと、彼女はピタっと腰を止めます。

「ふぅ」と一息ついている私を見て、再度彼女は腰を速く動かし始めます。

「どう?ヤバい?イキそう?」
「ヤバい、ヤバい!イキそう!」

えっ!?さっきと同じやりとり…。

俺、遊ばれてる!

エロ小悪魔に遊ばれてる!

また「ふぅ」と一息ついている私を見て、三度彼女は腰を速く動かし始めます。

「どう?ヤバい?イキそう?」
「ヤバい、ヤバい!イキそう!」
「じゃあイッて!今度は止めないから!ね?」
「あ~あ~あ~あ~」

その時、彼女は今日一の腰振り速度が出ていたでしょう。

我慢に我慢した私の息子は、いじめにいじめ抜かれた私は、「ドッバ~~~~ン!」という「音」が実際に出たんではないかというくらいに大発射です。

「うわ~2回目なのにこんなに出ちゃった?ほら?」

と彼女は私に見せつけてきます。なんてまぁ、エロいかわいい嬢でしょうか。

2回目で全て吸い取られた私は、「3回目できそう?」と聞いてくる彼女に対して、「いえ、もうカラッカラです。もう満足です。ありがとうございます。」と丁寧に感謝の言葉を彼女に申し上げました。

残り15分ほどありましたが、彼女とベッドで横になって終わりまでまったり過ごしました。まるでリアルな恋人のように…。


≪総評≫

確かに高級店に行ったと実感できるほどの、すばらしいホスピタリティとテクニックでした。

現実を忘れてエロにおぼれた2時間でした。

プロとしてのテクニックもありながら、ネチネチ感や濃密感も十分ある女の子なので、肉体的にも精神的にも十分満たされました。

特に、あんなエロい光景を、「アダルト動画のような絶景」を見せてくれたことに大変感動しております!

おそらく、男性客のタイプによってプレイの流れを柔軟に変えることができる機転の持ち主ですから、私が今回見れていない才能や能力を彼女は他にもたくさん秘めていることでしょう。

結論!私は初めての吉原高級ソープにして「最高級の体験」を得ることができました!

ちょっと待てよ・・・?

私は、他の高級店や他の嬢を体験したことがないから、彼女のホスピタリティもテクニックも他の嬢と比べたことがありません。

高級店を何軒も経験していたらまだしも、私は「初めて」です。今までは格安店~大衆店レベルばかりです。

まだまだ高級店を開拓して経験を積み重ねていかなければ、彼女のレベルがいかほどのものなのか、ここでは断言できませんよね。

少々、私は自分にうぬぼれていたようです。

私は彼女を評価する資格すら与えられていません。

だから私は、今後格安店や大衆店にとどまらず、高級店の開拓もしていく決心がつきました。

そんな気持ちにしてくれた彼女に感謝です。高級店のすばらしさを教えてくれた彼女にありがとうです。


名称未設定 1
◆吉原高級ソープランド 女帝(レポ一覧
◆吉原/高級ソープ(東京都台東区千束4-16-11)
◆11:00 - 24:00

<<利用回数>>

<<利用コース>>
120分 65,000円(ネット指名)

<<利用者>>
デジタルベア

<<レポート女性>>
T.162 B.88(E) W.56 H.84
吉原女帝_美鈴1
吉原女帝_美鈴2
吉原女帝_美鈴3
【ルックス(顔)】
【スタイル(身体)】A
【サービス(ホスピタリティ)】S
【テクニック(プレイ)】A
【総評】A
※S~G。あくまでも主観による、コストに対しての評価となります。
S…プレミアム級の最高レベル
A…最高レベル
B…良
C…普通
D…やや劣る、良くはない
E…悪い 
F…最悪レベル 
G…最低最悪の地雷レベル


~開始までの流れ~

たまには吉原も新規開拓を。

正直最近のワタクシ、もう普通じゃなかなか感動しなくなってしまったので、濃厚専科の人気高級ソープ『女帝』へと行ってまいりました。

いやーはじめてのお店ってなにかと緊張しちゃいますね。

今回はさすがに失敗できる料金じゃないなので情報収集を怠らず、エース格の鉄板嬢とやらをネット指名。

当日はいい感じに下半身がムラつく熱気に満ちた勃起日和でありまして・・

胸の高鳴りを抑えながら、雅びやかな女帝の門をくぐります。

入り口から待合室まで真っ直ぐのロングアプローチ。

黒を基調とした、いかにも高級そうな待合室、広さも十分、接客も文句なし、涼しくて心地よい空間・・

やはり高級店の待遇は格別の良さがあります。

待ってる間に姫様のプロフをおさらい。

新規店なのでプロフの紹介分がどこまで適当なものかわからないけど、
ちゃんとしたお店はこういうところ、リアルに書いてくれてたりするから一応は目を通す。。

『思わず抱きしめたくなる女性らしい抜群のエロボディ』
『性格も明るく、すぐに仲良くなれて、ベ○ドの上では甘え上手♪』

ふむふむ。。

これが本当なら人見知りでむっちり好きのワイにはもってこいなはず。

それもあって予約に至ったのだが、果たして結果は。

待つこと10分ぐらいでお呼ばれ、新規高級店、緊張のご対面となります__。


◆第一印象
宣材とはやや違う印象だったけど普通に美人な女性でした
プロフのコメント通りいい感じにムチムチした全身の色気がたまらない

◆ルックス
鷲見玲奈、久松郁実系(目力強い系)
941d137c82d182a47494b420dbb7e69b-340x450
◆雰囲気
こちらもプロフのコメント通り人見知り感ゼロ、コミュ力抜群なので口下手な男性諸君も安心、若いのにベテランのような安心感があるエリート的タイプ

◆備考
天然UH
傷・タトゥー等なし
美乳・大きさは普通
デカ尻
全身、特に背中がツルツルで綺麗


~プレイ開始~ 

会った瞬間、穏やかな笑顔で手を差し伸べてくれ、取った手をムチムチのおっぱいに押しつけながら階段を上がっていく。

いきなりエロッ。

てか、良かった、普通に美人で見た目は当たりだわ。

心中そんな感じでスカしてますが、表面は物怖じしない姫様のスケベオーラに一瞬で飲み込まれ、カチカチに緊張する情けないおいらなのです。

しかし彼女、店のコメント通り、人見知り感ゼロの自然体で優しくこちらをリードしてくれる接客模様に余裕すら感じさせる、早くも大物の予感が大。

「おトイレ大丈夫?」

セクシーランジェリーをまとうムチムチのやらしいお姉さん。
にしても美人で若そうなのに、この安心感から興奮へと伝染していく感じがたまらない。

入室__。

「広ーっ!」
「この部屋が一番大きいの♡」

多分、今まで吉原で遊んだ中で一番広い。恐るべし女帝。。

「いっぱいやらしい声出しちゃっていいからね♡」

可愛い顔していきなりなんてこと言うんや。

こんなん期待しか膨らまない。

お嬢は慣れた様子で顔を接近させてきて、チュウのおねだり。

チュウのあとはギュウ~っとそのムチムチのエロボディをこちらに寄せて密着ホールド。

その流れから脱衣アシストのスタートという、、嗚呼、今日はこれ、間違いないわという、確信の第六感。

アシストで全裸になると下腹部にタオルを置かれ、こちらの感度を伺うように妖艶な顔つきで竿周りを指先で焦らすようになぞりはじめる。。

「あっ・・」

思わず漏れる吐息に

「んふ♡可愛い♡」

これでいい。主導権はあちらでいいのだ。

「もう先っぽがシミになってるからタオル取っていい?♡」
「あ、、はい、、」

いちいち、やらしく言葉をかけてくるお姉さんと、洗脳がはじまってるかのような従順ぶりを示すぼくちゃん。

そしてお約束のこれ、リアル即尺__。

「長い~♡」

嗚咽するほど奥にまで出し入れする、早速の淫らぷり。

「責めるのと受けるのどっちがしたい?♡」
「受けがいいです」
「じゃあ仰向けになって~♡」

キス__。

なかなかにエロいキス、と思ったらまた指先で全身をなぞる焦らし責め、そして耳舐め、乳首舐めと、、

これは逆にヘルスで遊ぶ時、自分が参考にしたいような見事な切り崩し方ではないか。

「いっぱい声出していいんだからね♡」

耳元で囁くように言い含めるテクニシャン。

今日、再びの即尺を味わう頃には、もうすっかり喘ぎ声が漏れていた。

するとここで・・??

なんと・・・?!?!

「ここ気持ちいいの知ってるよ♡」
「足自分で抱えて持っててー♡」

リ ア ル 即 A ナ ル 舐 め 

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

人生初(゚∀゚)w

ヒャッハーーーーー(感涙)!!!!

悶絶が渋滞してるぅううう!!!!ww

「ねぇ凄い恥ずかしい格好してるよ♡」
「もっと気持ちよくなりたい?♡」
「は、はぃ~」ww

すると、再び上から覆いかぶさってくる彼女、、

東京タワーのポジションを探り当て・・

そ の ま ん ま 騎 乗 位 ス マ タ

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

待ち焦がれた快感。

悦びのせがれ。

クビレを掴み、感触を楽しむおいらと、

「アーーン!!ココあたるーーーー!!!」と絶叫しながら腰を振る彼女。

そして…

千切れるような快感に早々と降参宣言…

あっという間に本日第一発目のロケットを盛大に打ち上げる__。

なんつー快感。。

そのまま仰向けにぐったりしてると、妖艶モードから明るい交流ムードに切り替わっていく。

「いつも120分で何回逝けるの?♡」
「ここのお店は初めて?♡」
「●ットは好き?♡」

等々、プロフ通りの人懐っこさと言うのだろうか、とにかく自然体なのでこちらも無用な緊張が解けて会話を楽しむ自分がいる。

部屋の広さの話題から、吉原の建物が改装できない理由や歴史の話、

風俗(この仕事)は好きだから色んな情報サイトも見るし掲示板も見るしという話題から、自身にふりかかった怖いエピソードの話、

昔、接客で悔しい思いをした経験をバネに今は遠方まで講習に行ってて、その講師が宇都宮しをんばりの爆乳可愛い子ちゃんだという話、

などなどなどw

話も面白いし、なによりこの若さ(20代前半)でこの意識の高さに、ただただ舌を巻いて聞き入ってしまう。

もちろん彼女、ただおしゃべりをしているだけではない。

「じゃあ用意ができたから足元気を付けてこっちに来て~♡」

スケベ椅子洗体__。

毎度、すっかり戦意喪失状態のせがれを、やわらかい泡とローションと女体のコラボレーションで蘇らせてくれる、●ットと合わせてソープで最も好きなメニューがこれである。

ムチムチの20代ボディ、コリコリの乳首と生温かなOMANを駆使しながらこちらの全身に絡みつく泡洗体に温かなシャワーの刺激・・

「もう復活~♡w」

ぼくちゃん、照れ笑いしかできません。

全身を洗い流したところで、浴槽へ。

これまた身長2mぐらいある奴じゃないと足が向かい側のふちに届かないほどデカい浴槽に仰天。。

まさしくの王様気分で湯船に浸かる。

の流れから若娘と混浴、お約束の潜望鏡である。

我ながら卑猥な絵面がたまらないご奉仕に大興奮。

ここでも喉奥フェラできっちりシゴいてくれるお姫様。

十二分に血行が促進され、元気いっぱいのせがれを確認すると、いよいよ来ましたメインディッシュの●ットプレイ。

まずはうつ伏せから。

ムチムチボディ × ローション × ●ットの高相性といったらない。

重過ぎず、細過ぎず、絶妙なムチ加減がよろしい彼女のスタイル。

若くスベスベ肌の女体が舞う弾力、足の指から1本1本生温かい口に含む丁寧なリップ責め、
乳首(突起)をこすらして快感にうねりを作る●ットテク、、
ヤバい、、やっぱり上級者に施される●ットは最&高や。

そしてこれ・・

A ナ ル 舐 め ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

本日2度目のヒャッハーーーーー発動であります。

しかもガッツリ舐め。。

もう彼女・・言うことありません(笑)

仰向けに__。

快感を味わい過ぎたせいなのか、心なしか頭がクラクラする始末w

それでも頭上に手を組み、王様の大の字ばりにローションプレイをご堪能。

彼女がローションを思いっきり口の中に含み、えっ?と思うと、

そのままバキュームフェラをご披露といったり…

今まで見たことないような、確かに彼女オリジナルの“型”を感じられる接客スタイルには目を見張るものがありました。

そして硬くそびえ立つ“Myサン”目指して跨る彼女。

明白な温もりを感じながらはじまる本日2度目の騎乗位素股、スタート。

スポットに押し当てるようなやらしい腰使い。

「アーーーン!!!あたるーーー!!!」

絶叫と共に増す、せがれに走る千切れるような快感。。

間違いない、、第1Rでは半信半疑だったが、これは間違いなく“牛耳られている”快感だ。。。。

これは気 持 ち よ く な い は ず が な い 。

というか、、も つ は ず な い わww

「あぁぁぁあああーーーーー!!!!!」

どぴゅーーーーーン。。。。。。

本日第二発目のロケットを盛大に打ち上げ、息もたえだえのワタクシ。

ぐったり仰向けになっていると温かなタオルを数枚、全身を覆うように被せてくれる彼女。

からの温かいシャワーをタオルに浸すように流し込み、全身が温もりに包まれる癒しの妙。

今まで●ットプレイ終了後の姫様独自のサービスを色々と体験したきたけど、これほど格別のオアシスを思わせる甦りはなかった気がする。

思わず笑ってしまうほどの心地よさは、過去最上級のホスピタリティと言い換えられる。

「もう気持ち良すぎて色々ギブw」
「まだダメだよー♡」
「ww(やばい本気で3発搾り取られる)」

デカ風呂に浸かり、ローションを綺麗に洗い流したらベッドへと移動。

ドリンクを入れ、雑談をしながらタオル巻いたこちらの下半身に手を伸ばし、さりげない手つきでさわさわと刺激してくる彼女。

そしてむくむくと若干の反応を示すせがれを見るや、とっさにしゃがみ込みフェラチオを開始。

向かいの鏡越しに映る、デカ尻を突き出したあられもないご奉仕姿に妙に興奮してしまい、3度目の打ち上げに向け達人の高速喉奥フェラが炸裂する。

「一番好きな体位なに?♡」
「寝バックw」
「じゃあそれしよ♡」

まったく、最後まで恐れ入るほどの完成度だ。

寝バック素股__。

ほど良い肉感が旨そうなデカ尻。

大好物の代物を前に3度目のロケットが唸る。

突く度に波打つ尻肉の快感。

上から多い被さるように突くと絶叫しながら顔をこちらに捻り、表情を曇らせながらハードキスをしてくる彼女。

ストレスのないピストン運動に待ったなしのカウントダウンが迫る__。

「ダメだぁぁぁあああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
「アーーーーーーン♡!!気持ちいいぃーーーーー!!!!!♡」

ということで自分でも少々びっくりの120分3発完遂。

「寝バック凄い気持ち良かった♡」
「4回目も逝けそうだね♡」

ミッション完了の安堵感か笑顔で喜んでくれる彼女に、こちらもお腹いっぱいの充足感が満ちる。

過去屈指のクオリティサービスに底知れぬ吉原を見た、最高の体験。

素直にまた行きたい思えるお店と出会えた、大成功の新規開拓となりました__。



※言わずもがなプレイ内容・サービスは保証されたものではありません。
同嬢及び同店他嬢に『ブログと違う』などといったダサいクレームは慎みましょう。
(そのクレームはブログにお願いします)



~統括~ 

過去10回以上は高級ソープで遊んでますが『型にはまらないサービス』がとても印象的な今回の体験でした。

120分ソープでマニュアル通りだと、こちらもサービスの予測ができるのであまり感激って少なくなるんですよね、、

そういう意味で期待以上の接客サービスが楽しめて大満足です。

新規開拓なので行く前までは単純に濃厚専科だけを武器にした店だったら嫌だなぁ~という懸念がありましたが杞憂に終わりました。

今後、気になる優良高級店。後追い報告含め、情報お待ちしてます。

【このような方にオススメ】
・吉原最高レベルのサービスを味わいたい
・濃厚じゃなきゃ満足できない
・ルックス、スタイル、若さ、コミュ力、等々、どれも高い平均値を求む人

【このような方は向いてないかも…】
・スレンダー好き
・ソープと言えどプロ系は苦手
・ルックスにうるさい


▼今すぐ体験談を投稿してパスワードをGET!!
abf937f6

【新プラン誕生】パスワードの購入方法・その他お問い合わせ
chinkasblog@gmail.com(こちらにお問い合わせください)

▼人気の関連記事




▼人気の生写真付き記事




▼あの子に会える!!『AV女優風俗レポート一覧』
av_joyu_fuzoku_report

▼人気カテゴリー『後追いされた記事一覧』
1a2d671f

▼日本で一番『風俗美女の生写真』が見れるブログです
名称未設定-6

▼お気に入りのスペシャリストを探せ!!
ef6478ba