スクリーンショット 2020-03-30 18.41.54

■店名

五反田激安風俗【ハニープラザ】


■HP

■コース時間・料金

17,500/70分+交通費


■ハンドルネーム 
セクシービーム 様(4

■キャスト
※限定公開   

■キャストの推定年齢
20代前半

■写真修正度
別人----そのまま
(5/5点)

■似ている芸能人
454549

柳楽優弥(!)


■スタイル
細----太

■バストの大きさ
まな板----爆乳

■またリピートしたい?
同じ嬢を指名したい
同じ店の違う嬢と遊んでみたい
フリーもありかなと思った
二度と利用しない
その他:

【ルックス(顔)】
【スタイル(身体)】S
【サービス(ホスピタリティ)】
【テクニック(プレイ)】E
【総評】

※S~G。あくまでも主観による、コストに対しての評価となります。
S…プレミアム級の最高レベル
A…最高レベル
B…良
C…普通
D…やや劣る、良くはない
E…悪い 
F…最悪レベル 
G…最低最悪の地雷レベル


体験レポート 


■到着
 
利用したのは都内のビジネスホテルです。あまり高級なところではありません。
 
談笑しながら廊下を通り過ぎる中国人のかん高い声が部屋の中まで響くようなところです。

お店の対応はとても丁寧で、嬢の到着予定時刻をほぼ正確に伝えてくれました。

その時刻が迫ってきたので、準備万端整え、部屋の中で息をひそめて待っていると、廊下の方でガサゴソと何やら物音がします。
 
ドアの覗き穴から見てみると、ストリート風のダボダボファッションに銀髪の青年が自分のカバンの中を探っています。

「?」

ヤバイなそろそろ嬢が来るのになと思いましたが、彼は何度もスマホを出したりメモ紙を出したりして何かを確認しています。
 
明らかに不審者です。
 
かれこれ3分程もそうしていたかと思うと、意を決したようにドアをノックしてきました。

彼、いや彼女が、●●ちゃんでした。

■第一印象
 
似ている芸能人は柳楽優弥です。男じゃないか!と思うでしょうが、彼女に会った方はきっと同意してくれると思います。

他にやっぱり思いつきません。

もう少し詳しく言うと、デビュー当時の子役の頃の柳楽優弥かな。

決して男っぽい感じの娘ではないです。猫目が印象的な可愛い娘です。

事前にリサーチによると、彼女はこの世界では少し有名人のようで、ネット上にもいくつかレポがあがっています。

賛否両論ありますが、共通しているのは「素晴らしいプロポーションの持ち主だが、接客態度に難あり」というものです。

もっとハッキリ言うと「神ボディのコミュ障」だそうです。最初は「んなアホな」と私も思いました。

神ボディ登場!

「17,500円と聞いてるけど」と言って2万円を渡すと、彼女は「はい」と言って、用意してきたお釣りを渡してくれました。

後述しますが、これがこの日、彼女と交わした、たった2つの会話のうちの1つです。

外が寒かったせいもありますが、●●ちゃんは厚手のジャケットを着こんでいて、最初は神ボディかどうかはわからなかったのですが、淡々と服を脱ぎ始めては1つ1つきれいに畳んでいきました。

それはまるで「脱衣」という作業。

「焦らし」とか「恥じらい」とかいった演出の要素は皆無でした。

全裸になると、持ってきたバスタオルを抱いてこちらを見つめてきます。

なるほど!

今まで見てきた風俗嬢の中でもトップクラスの神ボディです。

特筆すべきはその乳房の形です!

偽物ではあの曲線は出せません。

真横から見ても乳首がツンと上を向いています。

いわゆるロケットオッパイです。

偽パイ特有の不自然な張りや盛り上がりなどは一切なく、すべてが滑らかな曲線で構成されているのです!

偽パイ鑑定家の方がいたら、是非是非、●●ちゃんを鑑定してほしいと思います。

さらに、お尻はやや小振りながら、見事なクビレ。

ただ、ボンキュボンといった峰不二子的なイメージとはちょっと違うのです。

月並みな例えしか出てこなくて恐縮なのですが、まるで彫刻のような、とにかく「美しい」とか「見事」とか、そういう言葉しか出てこない神ボディでした。


■ある意味プロフェッショナルでした
 
シャワーでは事務的に洗体をしてもらい、「先に出て待っているね」というと、●●ちゃんはコクリと頷きます。

やがてバスタオルを巻いてベッドにやってくるのですが、さて、ここからが彼女の接客スタイルの真骨頂です。

ひと言でいうと、完全な「マグロ」です。

ちょっとやそっとのマグロではありません。

もうプロのマグロと言ってよいです。

目を軽く閉じて、仰向けに寝たまま、彼女の方からは一切何もアクションしてきません。

ただ、言われた事は何でもしてくれます。

チ●コを口元に近づければ、チューチューと吸うようにしゃぶてくれます。

キスをして舌をねじ込んでも嫌がる素振りひとつみせず、舌をからめて唾液を飲んでくれます。

チ●コをシゴイてと言ったら、一定のリズムで延々とシゴキ続けてくれます。

マ●コに指入れをして「痛かったら言ってね」というとコクリと頷くのですが、どこをどう攻めても、吐息ひとつ漏らしません。

ところがマ●コはどんどんと濡れてくるのです。

もうなんかスゴイです。

私はまだ利用したことないのですが、都内には「ロボットデリヘル」という店もあるそうで、もしその店だったら、彼女はトップランカーになるのではないかと思ってしまいました。

ここまで何をやっても無抵抗で言いなりだと、当然、誰もが良からぬ事は考えると思うかも知れませんが、私はダメでした。

途中でフニャチンになってしまったのです。なぜかはわかりません。

ローション付ければ何とかなるかなと思い「ローションある?」と聞くと、またコクリと頷きます。

でも彼女は仰向けに寝たままで、ピクリとも動こうとはしません。

仕方ないので、私が、彼女の財布やらスマホやらの入っている、先刻ドアの前でガサゴソやっていたカバンを持ってきて、

彼女の前で、それらしきビンをこれ?これ?と聞いて、やっとローションを見つけ出して、トライしてみましたが、フニャチンのままでした。

なので最後は、布団の中で彼女を抱っこしながら、神オッパイをモミモミ堪能して時間を過ごしました。

それでも結構満足感はありました。

シャワーを浴びて彼女が帰る時に、最後に初めて彼女がニッコリ笑って「ありがとうございました」と言ったのですが、これがこの日の、●●ちゃんとの2つの目の会話でした。

■総評というか、、、
 
おそらく彼女にとって、風俗嬢という仕事は、最も向いていない仕事のひとつではないかと思うのですが、
 
ただ、だからと言って彼女の場合、コンビニや居酒屋で働くのも難しいだろうなと思うのです。

結局、彼女は神が彼女に与えた天賦の才である神ボディを生かす道を選んだのかな、なんて勝手に妄想したりしてしまいました。

実に不思議な娘でした。

世間一般的には地雷嬢という人もいるかと思いますが、なぜか私にはそうは思えず、また機会があったら会いたいなと思っています。

ハマっちゃったかな。

風俗は奥が深いです。


編集人(オタショーより 

セクシービームさん、投稿レポ有難う御座います!

えっと、、、とりあえず、今まで読んだ体験レポートで一番面白かったですwww

冒頭の入室前のくだりでまず「え?何怖い話の投稿?」ってなりました。

そして
「プロのマグロ」とは言い得て妙。これは彼女だけに与えられた称号かもしれません。

で、なんだかんだあって最後は笑顔で「ありがとうございました」って・・・やっぱり怖い話??www

結果的にスタイルは「S」、 テクニックは「E」、でも「またリピートしたい」という凸凹な採点・・・。

どなたかぜひ後追いを!!笑 

セクシービームさん、コロナで世の中に閉塞感が漂う中、目の覚める最高のレポートをありがとうございました!

また、貴重な体験談を宜しくお願いします!


▼今すぐ体験談を投稿してパスワードをGET!!
abf937f6

▼パスワードの購入方法・その他
 

▼人気の関連記事




▼人気の生写真付き記事

 
 

▼あの子に会える!!『AV女優風俗レポート一覧』
av_joyu_fuzoku_report

▼人気カテゴリー『後追いされた記事一覧』
1a2d671f

▼日本で一番『風俗美女の生写真』が見れるブログです
名称未設定-6

▼お気に入りのスペシャリストを探せ!!
ef6478ba

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。